タイ旅行。季節ごとの特徴・イベント・お祭りをまとめました。

\ タイムセール開催中 /

この記事では、タイの季節ごとの特徴とイベントなどをまとめています。

タイ旅行へ行く前に、チェックしてみてくださいね。

▽ おすすめの旅行ガイドブック!Kindle Unlimitedの30日間無料体験で読めますよ。

INDEX

タイの気候

▽ タイの季節は大きく分けて3つ

  1. 暑季:3月~5月

  2. 雨季:6月~10月

  3. 乾季:11月~2月

暑季(しょき)

どんな季節?

3月~5月 タイでは 1年で1番暑い季節。

朝から30℃を超える気温で、日中は40℃近くなることも。

暑季はすごく暑いのですが、ダイビングにはおすすめの季節です。

4月には、タイの代表的なお祭り「ソンクラーン」もありますよ。

暑季のイベント ソンクラーン(水かけ祭り)

▽ ソンクラーンとは

タイの旧正月のお祭り。

タイを代表するお祭りのひとつです。

毎年、4月13日~15日の3日間で行われ、タイの祝日でもあります。

雨季(うき)

どんな季節?

6月~10月 タイでは1年で1番、雨の多い季節。

タイの雨季は日本の梅雨とは違い、30分~1時間くらいの短時間大雨が降っては止み、また日が差してきます。

平均気温は30℃くらいで、暑季よりも過ごしやすい気温となります。

この時期は、タイ観光の「オフシーズン」にあたるので、航空券が安くなりおトクな季節ですよ。

雨季はグリーンシーズン

▽ グリーンシーズンとは

雨季は、別名「グリーン・シーズン」とも呼ばれていて、フルーツが1番美味しい季節です。

街中には、カットされたフルーツを売っている「フルーツ屋台」があって、1袋10バーツくらい(約40円)でとてもお手頃に買えますよ。

乾季(かんき)

どんな季節?

11月~2月、タイではさわやかな晴天が続き、平均気温が25℃~29℃位と比較的涼しい季節。

湿度が低く雨もあまり降らないので、1年で1番過ごしやすい季節「ベストシーズン」と言われています。

朝晩は15℃〜20℃まで気温が下がり、少し肌寒く感じることもあります。

11月には、タイでとっても大切にされている行事「ロイクラトン」がありますよ。

乾季のイベント ロイクラトン(灯籠流し)

▽ ロイクラトンとは

灯籠(クラトン)を川に流す(ロイ)という、タイの人々の間で古くから続いている風習です。

タイ人にとって最も大事な宗教行事のひとつです。

毎年、タイ旧暦12月(現在の10月~11月)の満月の夜に開催され、川の女神 「プラ・メー・コンカー」に対して、感謝の祈りを捧げます。

チェンマイのイーペン祭り

▽ イーペン祭りとは

ロイクラトンと同時期に、タイ北部のチェンマイで行われる宗教行事。

川に灯篭を流す伝統的なロイクラトンと合わせて、コムローイと呼ばれるランタンを熱気球のように夜空に飛ばすお祭りも行われています。

タイはどんな季節に行っても楽しめる場所。

一般的には、雨が少なく、比較的涼しい「乾季」がベストシーズンと言われていますが、タイの季節にはそれぞれの良さがありますよね。

旅の目的に合わせて、それぞれの季節を満喫してみてくださいね。

▽ おうちでタイ料理を作りたい方におすすめの本。Kindle Unlimited の30日間無料体験で読むことができますよ。

▽ 食材の購入はこちらを参考にしてみてください。

シェアしていただけるとうれしいです
INDEX
閉じる