レンタカーなしの沖縄旅行。ゆいレールで巡る、1日観光モデルコース。

沖縄旅行

\ タイムセール開催中 /

レンタカーを使わず、沖縄観光を満喫したい!

1泊2日、週末旅などでも楽しめる観光スポットが知りたい。

そんな方におすすめの記事です。

今回は、レンタカーなしで楽しめる沖縄旅行、「ゆいレールで巡る、1日観光モデルコース」をご紹介します。

INDEX

移動手段は「ゆいレール」

▽ 那覇空港から直結の「ゆいレール」を使うことで、レンタカーなしでも便利に沖縄観光ができます。

ゆいレール公式サイトより

お得なフリー乗車券

ゆいレールを活用するなら「1日フリー乗車券」を使うのがおトク。

▽ 乗車券は、ゆいレール各駅で購入できます。

対象1日フリー乗車券2日フリー乗車券
おとな800円1,400円
こども400円700円
有効期限:24時間/または48時間

フリー乗車券提示で、観光スポットの入場券が割引になったりもしますよ。

路線図

▽ 今回ご紹介するコースは、首里駅からスタートするので、こちらのマップが分かりやすいです。

首里城公園 公式サイトより

ゆいレール&徒歩 1日観光モデルコース

今回の旅で巡る駅とスケジュール
9:30
那覇空港駅(スタート)
10:00
首里駅
13:00
おもろまち駅
14:30
牧志駅
16:30
県庁前駅
18:00
赤嶺駅

さっそく観光スポットを順に周ってみましょう

那覇空港駅|1日フリー乗車券を買う

9:30 那覇空港から出発!

ホテルから出発する方は、次に向かう「首里駅」からスタートです。

ゆいレール公式サイトより

首里駅|首里城公園

10:00 まずは沖縄観光の定番「首里城」へ

▽ 那覇空港駅から出発して約30分、首里駅に到着。

ゆいレール公式サイトより

徒歩で「首里城公園」へ向かいます。

▽ 途中、沖縄らしい「ローソン」を発見。奥に首里石鹸のお店があります。

▽ 徒歩15分ほどで「首里城公園」に到着です。

首里杜館(すいむいかん)

「首里杜館」は首里城公園のインフォメーションセンターで情報展示がされています。
レストランや売店もあり、休憩ができる施設。

首里城公園とは

明治12年(1879)まで存在した琉球王国のお城です。
正殿の遺構や園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)などが世界遺産として登録されています。

平成31年(2019)に発生した大規模な火災により、正殿をはじめ数々の建物が焼失してしまいましたが、現在2026年の再建・復興に向けて様々な取り組みが行われています。

首里城公園内は、一部のエリアは立ち入り禁止となっていますが、復興はどんどん進んでおり、観光することができます。

▽ ねこちゃんと(鴨とアヒルのハーフ?)バリケンがいました。

バリケンとは?

南米原産の”野バリケン”という野生のカモの一種。
もともと食用として導入されたものが野生化したのだそう。

公園内を一通り観光するには1時間くらい。結構歩くのでスニーカーで行くのがおすすめです。

首里城公園の詳細

住所:沖縄県那覇市首里金城町1-2
公式サイト:http://oki-park.jp/shurijo/

金城町石畳道

首里城公園の近くには「金城町石畳道(きんじょうちょういしだたみみち)」という、昔ながらの沖縄の風景が残っている通りがあります。

▽ 屋根の上にいるシーサー。通りには沖縄古民家が並んでいます。

▽ 日本の道百選にも選ばれている、風情ある石畳道。

石畳道から少し脇道に入ると、樹齢200年以上とも言われるアカギの大木に辿りつきます。

年に一度、神様が降りてきて願いを叶えてくれるという言い伝えが残っていて、パワースポットとしても人気の場所です。

▽ 首里金城の大アカギ。

場所:沖縄県那覇市首里金城町2-35付近

シェアしていただけるとうれしいです
INDEX
閉じる